新機種レビュー http://www.1300phonewords.net Sun, 30 Oct 2022 16:24:01 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 5G対応スマホの「OPPO Reno8 Lite 5G」とは? http://www.1300phonewords.net/2022/10/31/report-20221031/ http://www.1300phonewords.net/2022/10/31/report-20221031/#comments Sun, 30 Oct 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2022/10/31/report-20221031/ “5Gでは1度に多く人がアクセスしても安定した通信環境を保つことができますし、遠隔地からでもリアルタイムでつながって様々なことを楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO Reno8 Lite 5G」という5Gスマホがあり、動画視聴やオンラインゲームでも遅延なくスムーズに通信する高性能CPUやより広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイ、キレのあるシャープな写真が撮影できる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約6万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約173gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはレインボーとコスミックブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.43インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+モノクロ撮影ができる約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、HDR、スローモーション撮影、プロフェッショナルモード、ビューティーモード、スーパーナイトモード、パノラマモード、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid(ColorOS 12)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2022/10/31/report-20221031/feed/ 0
5G対応スマホの「T1 Pro 5G」とは? http://www.1300phonewords.net/2022/10/14/report-20221014/ http://www.1300phonewords.net/2022/10/14/report-20221014/#comments Thu, 13 Oct 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2022/10/14/report-20221014/ “同時多接続という特徴をいかして防犯や渋滞の予測なども可能となりますので、今後も5Gは様々な分野で注目されていくと思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「T1 Pro 5G」という5Gスマホがあり、多くのゲームでは快適レベルで遊ぶことができる高性能CPUや旅行や長時間のお出かけでも安心して使える大容量バッテリー、誰でもかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラやどの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約41000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約180gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシアンとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2404×1080でアスペクト比20:9の約6.44インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している4700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 778G SM7325 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズーム、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、ビューティーモード、パノラマモード、プロフェッショナルモード、スローモーション撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(Funtouch OS 12)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2022/10/14/report-20221014/feed/ 0
有名すぎるゲーミングスマホの性能差をチェック http://www.1300phonewords.net/2022/08/18/report-20220818/ http://www.1300phonewords.net/2022/08/18/report-20220818/#comments Wed, 17 Aug 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2022/08/18/report-20220818/ “今では、スマートフォンの購入目的に「ゲームプレイ」のユーザーが多い状況です。しかし、ハイスペックなスマートフォンでゲーミングスマホを調べると、似たような性能のゲーミングスマホがどれも売れ筋です・・・と案内されていて、「結局どれを購入すればよいの?」となってしまう問題があります。
そこで今回は、売れ筋のゲーミングスマホの特徴やスペックについて簡単にまとめてみました。
まず、ゲーミングスマホとして売り上げがトップとされている「ROG Phone 5」から案内していきます。
ROG Phone 5は、「充電ポートが本体側面に搭載」されているゲーミングスマホのため、操作をしながら充電もできるといった、かゆいところに手が届く状態で遊べるゲーミングスマホです。ROG Phone 5の詳細スペックですが、「CPUがQualcomm Snapdragon 888、ROMは256GB、バッテリー容量は6,000mAh、RAMは12GB、サイズは6.78インチ、リフレッシュレートは144Hz、デュアルフロントスピーカー内蔵」となっておりますので、トレンドの機能をすべて詰め込んでいる・・・といっても過言ではないゲーミングスマホです。
同じように売れ筋のゲーミングスマホに「REDMAGIC 6 Pro」があります。
REDMAGIC 6 Proは、「専用のGamespaceスイッチ搭載」モデルとなっておりますので、唯一無二の機能を持つゲーミングスマホが欲しい人は、REDMAGIC 6 Pro一択で問題ありません。REDMAGIC 6 Proの詳細スペックですが、「CPUがQualcomm Snapdragon888 5G、ROMは256GB、バッテリー容量は5,050mAh、RAMは16GB、サイズは6.8インチ、リフレッシュレートは165Hz、没入型オーディオ採用」となりますので、高価格なゲーミングスマホとして最強のスペックを誇ります。
逆に、安価で高品質なゲーミングスマホとしてギリギリを攻めているものが欲しい場合は、「Xiaomi Black Shark 3」を選ばれるとよいでしょう。
Xiaomi Black Shark 3は、「SIMフリースマホ」、「ゲーム専用のホーム画面機能搭載」モデルとなっていて、同じような性能のゲーミングスマホより1万円ほど安いため人気です。Xiaomi自体がゲーミングスマホに力を入れているメーカーのため、メーカーに対する信用度が高いところもXiaomi Black Shark 3の魅力でしょう。
Xiaomi Black Shark 3の詳細スペックですが、「CPUがKryo 585 8コア 2.84 GHz、ROMは128GB/256GB、バッテリー容量は4,720mAh、RAMは8GB/12GB、サイズは6.67インチ、リフレッシュレートは90Hz」となりますので、平均的なスマートフォンよりもハイスペックなスマートフォンに仕上がっているところが売りです。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2022/08/18/report-20220818/feed/ 0
人気ランキングで売れ筋のスマホ「SHARP AQUOS sense5GSH-M17」 http://www.1300phonewords.net/2022/06/07/report-20220607/ http://www.1300phonewords.net/2022/06/07/report-20220607/#comments Mon, 06 Jun 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2022/06/07/report-20220607/ “トレンド入りを果たすことのあるスマートフォンで、しかも安いスマートフォンを探している場合は、「SHARP AQUOS sense5GSH-M17」がオススメです。
SHARP AQUOS sense5GSH-M17の価格は、「平均では24,700円(税込)、Yahoo!では24,897円(税込)、楽天では26,298円(税込)、Amazonでは24,700円(税込)」となります。SHARP AQUOS sense5GSH-M17はほかのスマートフォンに比べて、最新モデルにより近いモデルとなりますので、安いけれどもスペックが古い、安いけれども多機能ではないタイプのスマートフォンではありません。
SHARP AQUOS sense5GSH-M17の特徴を簡単にまとめると、「2分割画面に対応、ながら操作ができる」ところが最大の特徴といえるでしょう。最近では、二つ折りに対応しているスマートフォンがSamsungから出ておりますが、2分割画面もスマートフォンのトレンドとなっているので、新しいスマートフォンに搭載されているシステムに興味がある場合、SHARP AQUOS sense5GSH-M17は格安でそれを実現できるスマートフォンと評価できます。
2分割画面やマルチディスプレイなどは、最近になって知名度が上がってきました。そのため、メーカーによっては「開発途中のまま」になっているシステムでもあるため、実は、SHARP AQUOS sense5GSH-M17のようなモデルは希少でもあるのです。
そのほかのSHARP AQUOS sense5GSH-M17の特徴としては、「指紋センサーは長押しに対応している」ので、素早く無駄のないスマートな電子決済アプリによる支払いを行いたい要望に対応しています。しかもSHARP AQUOS sense5GSH-M17は、「耐衝撃テストにおいても全19項目に合格している」モデルなのです。これほどの厳密なテストをパスしているため、SHARP AQUOS sense5GSH-M17であれば、お風呂で使用する際の防水レベルは余裕でクリアしていることも評価されています。
SHARP AQUOS sense5GSH-M17の詳細スペックですが、「画面サイズが5.80インチ、重量は178g、ROMは64GB、本体サイズは148×71×8.9mm、OS種類はAndroid™ 11、バッテリー容量は4,570mAh、防水・防塵機能あり(防水IPX5、防塵IPX8)、CPUはQualcomm® Snapdragon™ 690 5G Mobile Platform 2.0GHz+1.7GHz オクタコア」です。
注目してほしいポイントは、SHARP AQUOS sense5GSH-M17が3万円を切るスマートフォンとして販売されているところでしょう。というのも、3万円を切るスマートフォンの場合、防水防塵機能なしのものが圧倒的に多いからです。
しかも、バッテリー容量が4,000mAhを超えているのでバッテリー容量にはかなりの余裕があります。同価格帯のスマートフォンでは2,000~4,000の間でバッテリー容量が決まってきますので、あらゆる面で高性能なスマートフォンとして、SHARP AQUOS sense5GSH-M17を評価できます。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2022/06/07/report-20220607/feed/ 0
5G対応スマホの「realme Q3t」とは? http://www.1300phonewords.net/2022/02/25/report-20220225/ http://www.1300phonewords.net/2022/02/25/report-20220225/#comments Thu, 24 Feb 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2022/02/25/report-20220225/ “5Gを使用すると、低遅延によってよりリアルタイム操作が可能になりますので、スマートフォンだけではなく遠隔医療や自動運転などでも活躍が期待できます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「realme Q3t」という5Gスマホがあり、有機ELパネルでコントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイや高速通信が利用できる5G通信に対応した高性能CPU、本格的な撮影が楽しめる高性能カメラや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約37000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約199gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオーロラとブルーの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度FHD+ 2412×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 778G SM7325 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBモデルでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+ポートレート撮影できる約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.1の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正、HDR、スローモーション撮影、ビューティーモード、ハイブリッド光学ズーム、プロフェッショナルモード、パノラマモード、スーパーナイトモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(realme UI 2.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2022/02/25/report-20220225/feed/ 0
5G対応スマホの「realme GT Neo2」とは? http://www.1300phonewords.net/2021/12/26/report-20211226/ http://www.1300phonewords.net/2021/12/26/report-20211226/#comments Sat, 25 Dec 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2021/12/26/report-20211226/ “5Gになると1つの端末に同時接続できる数が4Gよりも圧倒的に多いので、多くの人がスマートフォンを気持ちよく楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「realme GT Neo2」という5Gスマホがあり、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや超高速通信が利用できる5G通信に対応した高性能CPU、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約43000円でRAM8GB/256GBモデルが約46000円でRAM12GB/256GBモデルが約51000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約199gという扱いやすくて持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、グリーン、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAM6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.5の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(realme UI 2.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2021/12/26/report-20211226/feed/ 0
5G対応スマホの「P40 lite」とは? http://www.1300phonewords.net/2021/10/30/report-20211030/ http://www.1300phonewords.net/2021/10/30/report-20211030/#comments Fri, 29 Oct 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2021/10/30/report-20211030/ “5Gは通信に関わる業界だけではなく、医療や農業、建設などといった様々な分野の技術向上にも繋がります。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「P40 lite」という5Gスマホがあり、一日しっかり使える大容量バッテリーや子どもやペットなど動きの多い写真でも簡単に撮れる高性能カメラ、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUや迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約5万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約189gという片手でも操作しやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、グリーン、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはHisilicon Kirin 820 2.36GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、体温測定、超広角モード、ポートレートモード、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、AI自動シーン認識、HDR、オートフォーカス、ハイブリッド光学ズーム、電子式手ぶれ補正、スローモーション撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(EMUI 10.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2021/10/30/report-20211030/feed/ 0
5G対応スマホの「realme GT Neo Flash」とは? http://www.1300phonewords.net/2021/10/24/report-20211024/ http://www.1300phonewords.net/2021/10/24/report-20211024/#comments Sat, 23 Oct 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2021/10/24/report-20211024/ “5Gは信頼性の高い通信を可能にしていますし、接続できる端末が4Gよりもかなり多くなっていますので、5Gに対応しているスマートフォンが注目されています。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機種がありますが、その中の一つに「realme GT Neo Flash」という5Gスマホがあり、どこでも見やすい高精細大型ディスプレイや動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高性能CPU、長時間でも安心して使用できる大容量バッテリーやどんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約39000円でRAM12GB/256GBモデルが約43000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約179gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはイエロー、シルバー、グラデーション、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1200 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.5の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(realme UI 2.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで液冷システムやデュアルステレオスピーカー、ハイレゾ音源に対応して防水・防塵機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2021/10/24/report-20211024/feed/ 0
Xperia 10 IIとは? http://www.1300phonewords.net/2021/02/28/report-20210228/ http://www.1300phonewords.net/2021/02/28/report-20210228/#comments Sat, 27 Feb 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2021/02/28/report-20210228/ “アンドロイドスマホの中で、今最もおすすめしたいのがXperiaの最新スマホ「Xperia 10 Ⅱ(エクスペリアテンマークツー)」です。Xperiaと言えば、ハイスペックで高機能なスマホが多いイメージですが、本体価格は4万円台とお手頃で初めてXperiaを使うという方にもおすすめです。それでは、Xperia10 Ⅱとはどんなスマートフォンなのか詳しくみていきましょう。
Xperia10 Ⅱは、Xperia1 Ⅱのようなハイスペックなモデルではなく、必要な機能が一通り揃った普段使いにおすすめのスマートフォンです。そのため、今話題の5Gやゲーム機能、カメラ機能はあまり期待しない方が良さそうです。それでも防水防塵機能が搭載されているので、万が一の場合でも安心して使うことができます。最近は、災害時に備えて防水機能が搭載されているスマホを選ぶ方も多いのですがXperia10 Ⅱなら安心です。その他にもおサイフケータイに対応しているので、通勤通学でスマホ決算をされている方、普段からおサイフケータイを使っている皆さんも安心して使うことができます。また普段、ゲームやカメラを使わない方、特別これといった機能は求めていない方におすすめです。
またXperiaがこだわっている21:9のシネマワイドディスプレイにより、画面は縦長ディスプレイになっています。この縦に長いディスプレイは、上下で二つのアプリを同時に使用できるマルチディスプレイとしても使えるのでとても便利です。例えば、動画を見ながらSNSでやりとりをしたり、英語学習をしたい時には発音を確認しながら下の画面でスペルをチェックするというマルチな使い方が可能なので、画面を切り替える手間も省くことができ時間短縮にもつながります。これは、縦長ディスプレイならではの機能と言えます。他にも様々なアプリを組み合わせて使うことができるので、タスクをこなしたい時にとても便利です。
またサイズは6.0インチで重量が151gと軽量なので、片手で持っても操作しやすいです。Xperiaはハイスペックなスマートフォンが多いので、本体重量がどうしても重たくなってしまいやすいのですが、Xperia10 Ⅱはかなり軽いスマホになるので持ち運びにとても最適です。
その他1200万画素のメインカメラをはじめ、トリプルレンズを搭載した注目のスマートフォンとなっています。持ち運びに便利なスマートフォンをお探しの方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2021/02/28/report-20210228/feed/ 0
日本向けスマホ!Galaxy A41とは http://www.1300phonewords.net/2021/02/21/report-20210221/ http://www.1300phonewords.net/2021/02/21/report-20210221/#comments Sat, 20 Feb 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/1300phonewordsnet/2021/02/21/report-20210221/ “Galaxyシリーズは、ハイエンドモデルからエントリーモデルまで様々なスマートフォンがラインナップされています。今回は、その中でも日本向けスマホとして注目を集めている「Galaxy A41」についてご紹介致します。
Galaxy A41は、2020年6月に発売されたミドルレンジモデルです。大きな特長は、6.1インチという大画面ながら160gと非常に軽量で持ち運びにも便利な点です。画面を見やすくするために大画面ディスプレイになると、ここまでの軽さを実現するのは難しいところがあります。そうした中でも4800万画素の「広角」カメラをはじめとした「望遠」「超広角」の三つのカメラを搭載したトリプルレンズになっている点は、素晴らしいですね。またインカメラも2500万画素と非常に高画質なので、普段からインカメラを使って撮影される方、ライブ配信など綺麗に映せるスマートフォンをお探しの方にもおすすめです。ちなみにインカメラの画素数は、800万以上あれば十分綺麗に映せると言われています。2500万あればかなり美しく、自然な写真を撮影することができるので是非、迷っている機種があればインカメラの画素数もチェックしてみてください。ただし、全体的に暗い印象があるので撮影する時は撮影した後にアプリで加工したり、撮影時に露光を上げるなど工夫してみましょう。
ちなみに、トリプルレンズですが本体から突き出たデザインにはなっていますが、机の上にそのまま置いても気にならないデザインになっています。たまに、机の上に置いてしまうとカメラが突起出ていて傷がつきやすいものもありますが、Galaxy A41はシンプルなデザインなのでそれほど気になりません。全体的にベゼルも小さく、見やすいです。
またミドルレンジモデルでは、安さを重視して作ることが多く、必要な機能が省かれていることが多いのですが、Galaxy A41に関しては基本的な機能はほとんど備えており、おサイフケータイや防水防塵機能搭載で、緊急速報メールにも対応しています。万が一の場合に備えてこういった機能が搭載されているスマートフォンは非常に魅力的ですね。コスパ重視で選びたい方、ガラケーからの乗り換えで持ち運びしやすく軽いスマートフォンをお探しの方におすすめです。新しいスマホに乗り換えたい方、新機種をお探しの方は是非一度Galaxy A41を検討してみてはいかがでしょうか。”

]]>
http://www.1300phonewords.net/2021/02/21/report-20210221/feed/ 0