ビットコインなどの暗号通貨を管理するコイン型デバイス「HooFoo」–取引を安全に

ブロックチェーン技術をベースとする暗号通貨の一種であるビットコイン(Bitcoin:BTC)の価格が高騰中で、11月終わりに9000ドル(約101万円)を突破して、1万ドル(約113万円)も大きく超えた状況となりました。現在は投機対象とみられ人気が過熱気味なのですが、新たな決済手段として期待されているのです。ただし、仮想通貨と呼ばれることから分かるように、旧来の通貨と違って紙幣や貨幣は存在せず、データがあるのみです。人によっては、“物”で管理したいかもしれません。そこで、所有している暗号通貨をコイン型デバイスで管理できる「HooFoo」が登場しました。HooFooは、コイン型デバイス「dime」、スマートフォン用アプリ、充電ボックス兼コイン収納ケースを組み合わせ、各種暗号通貨を売買したり保管したりするウォレットシステムです。dimeは硬貨とよく似た形だが、直径38mm、厚さ5mmで本物の10セント硬貨(通称「dime」)より大きいものです。dimeとスマートフォンは暗号化したBluetoothで通信しデータを保護します。
スマホCPU

Leave a Reply