dマガジンと楽天マガジン、ラインナップの違いは?

3つの電子雑誌の読み放題サービスが、しのぎを削る様相を呈しています。これまで、火付け役ともいえるNTTドコモ「dマガジン」が市場をリードしてきましたが、8月3日にAmazonが「Kindle Unlimited」、9日には楽天が「楽天マガジン」を立て続けにリリース。ユーザーたちは各々の使用感を比較して盛り上がりを見せています。2014年からスタートした「dマガジン」は月額432円(税込、以下同)で雑誌160誌以上、「楽天マガジン」は月額410円で同約200誌が読み放題となっています。さらに「Kindle Unlimited」は、月額980円で雑誌だけでなく書籍や漫画にも対応し、和書12万冊以上、洋書120万冊以上の品揃えを誇っています。雑誌のラインナップについては、特に月額が拮抗している「dマガジン」と「楽天マガジン」を比較するユーザーが多く、「楽天マガジンは、dマガジンとほぼ同じラインナップ。細かい違いだと、アサ芸とムーがあるけどファミ通・週アス・文春・新潮・週女が無い。個人的にはファミ通と週アスが一番読みたいので、dマガ継続」「楽天マガジンのラインナップ見てみたけど、今までで一番自分に合う気がする!ファッション誌が充実してるし、『BE-PAL』『山と渓谷』『ワンダーフォーゲル』『ランドネ』が読めるのがいいね」といった声があがっています。人気雑誌を押さえた「dマガジン」、ファッション・ライフスタイル系が充実した「楽天マガジン」、雑誌と専門書などのセットでお得感がある「Kindle Unlimited」大激戦を制するのはどのサービスになるのでしょうか。

Supershipの新コミュニケーションアプリ『Sunnychat』動画きっかけにチャットを楽しめる

KDDIのグループ会社であるSupershipは、8/1、スマートフォン向け無料コミュニケーションアプリ『Sunnychat』(Android・iOS)の提供をスタートさせました。このアプリは、動画(最大約5秒)を家族や友人と共有し、その動画をきっかけにチャットを楽しめるというもの。言葉より先に動画で今の状態を伝えることで、雑談感覚でポジティブな会話ができるのだそう。アプリを利用するには、まずホーム画面から“ムービーアイコン”なるものをタップし、動画を撮影します。撮った動画にメッセージ又はスタンプを押して、共有したいメンバーのグループチャットを作って共有するだけ。もちろんグループチャットでは、動画を見たユーザー間でメッセージやスタンプのやり取りが可能ですよ。遠くにいる両親に孫のちょっとした成長を見せたい時に便利だなぁと思いました。同社は、去年にスケールアウト、nanapi、ビットセラーの3社が合併した会社。これまで広告配信プラットフォーム事業を中心に手掛けてきたそうですが、今回新たにアプリサービスを展開します。が、現時点で収益化の目処やユーザー数の目標は定めていないそう。今はさまざまなメッセンジャーアプリや動画共有アプリなど競合するサービスがありますが、ユーザーを獲得していくためには地道な努力が必要かもしれませんね。http://www.samsung.com/jp/contents/guide/

電池のいらない会話ロボット。スマホと連携のスマポンとは?

おもちゃメーカーであるタカラトミーがまた新しいスマホで遊べるおもちゃを開発したそうです。

7月2日から発売をしているおもちゃで、その名もスマホ連携型次世代コミュニケーショントイ「スマポン」です。

スマホの上にポンと置いて使える小さなロボットで、大きな黒い顔部分の画面にロボットの表情が出ます。

遊び方は専用アプリをインストールしたスマホに上に置くだけ。

性別や血液型、好きな食べ物を設定すると、その人のオリジナルのスマポンが誕生するそうです。

接し方などによって様々な性格に変化していくそうで、育成要素的なものもあるようですね。

話しかけると、2,000語以上のワードから答えてくれたり、性格に合わせた話をしてくれて、ゆるいおしゃべりが楽しめるとのこと。

2台のスマポンを並べるとテキトーに会話を始めるとの事で、ちょっと試してみたいですね。

スマホと連携するおもちゃが多く出てきています。

これからもこのようなおもちゃがどんどん出てくるでしょう。

スマホはだんだん子供も使うのが当たり前になっていくことでしょう。

なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

“DTIが“ポケモンSIM”、「Pokemon GO」のデータ通信が1年間無料 “

新プラン「DTI SIM ノーカウント」、Pokemon GO配信後に提供開始。ドリーム・トレイン・インターネットは、MVNOサービス「DTI SIM」の新プランとして、今後配信が開始される予定のゲームアプリ「Pokemon GO」のデータ通信量が1年間、月間の通信容量の消費に含まれないというプラン「DTI SIM ノーカウント」を発表しました。19日から予約を受け付けていて、アプリの配信開始後、サービスが開始されるとのことです。「DTI SIM ノーカウント」は、データのみのプランが月額1220円(税抜、以下同)、SMS対応のプランが月額1370円、音声通話にも対応したプランが月額1920円です。月間のデータ通信容量はいずれのプランも5GBで、アプリ「Pokemon GO」の利用で発生するデータ通信量は月間容量の消費にカウントされません。アプリ「Pokemon GO」はAndroid、iOSの両方が対象となっています。通信エリアはNTTドコモのLTEおよび3Gで、通信速度(理論値)は下り最大225Mbps、上り最大50Mbps。契約事務手数料は3000円です。SIMカードサイズは標準、microSIM、nanoSIMがラインナップされるとのことです。「DTI SIM ノーカウント」はWebサイトで申し込みを受け付けていて、アプリの配信開始後、SIMカードの発送が開始されます。終日制限の有無などを含めた詳細は、サービスの提供開始時(アプリの配信開始時)に明らかにするとしています。

注目のスマホの新機種が登場しました

今は、さまざまな会社が新機種のスマホを登場させています。
夏モデルが続々登場をしている中で、サムスン電子も新しい機種を発表しました。
「ギャラクシーノート7」が出てくるようなので注目ですね。
8月2日に詳細を発表されるみたいなのですが、これはしっかりと見ておきたいですよね。
新しいものとなると、どう進化をしているのかが見たくなってしまいます。
新機種となってくると、どう変化をしているのかを見たいのはみんな同じですよね。
最近では、あまり新機種も注目されないような状況になってきています。
スマホも1度持ってしまうと、変えるのもかなかなかです。
本体価格が高い物が多いというものあるのですが、今はスマホみんな機能がいいですからね。
しかし、そんな中でどんな発表をしてくれるのかちょっと楽しみにしておきたいです。
何か自分が使用をしてみたいなんて思えるような特徴があれば嬉しいですね。
そろそろスマホも変えたいと思っていた所なので、ちょっと詳しく見てみたいです。
また、新しいスマホが見えるのはいいものですよね。
しっかりと見てこれから選んでいけばいいなと思います。

スマホを新機種にし時ノデータはどうなるの?

スマホを新しく購入する場合、機種を変えるのってちょっと不安ですよね。
Androidを使っていて、iPhoneにするとなるとデータの心配もあります。
そうなった時に、きちんとデータを移行できるのかを見てみました。
私も今は、Androidを持っているのですが、いつもiPhoneを使いたいと思いつつそれができていません。
調べていると、案外AndroidからiPhoneへのデータ移行は簡単だったりするそうですよ。
もしも、機種変更をしたいと考えている方も心配はなさそうです。
なんと、このデータ移行もアプリを使用をすれば簡単にできるようになっています。
やはり、携帯会社でも機種によってデータ移行も対応をしてくれない場合だってあったりするようです。
ですが、このアプリがあればデータ移行も心配ありません。
「Move to iOS」なのですが、こちらをAndroidで取ってみてください。
後は、アプリの指示通りに入力をしていけば、スマホに入っているデータを移行する事ができるようになりますよ。
スマホも様々な悩みがありますが、こうやって解決方法もあるので見てみてくださいね。