スマートフォンの「AQUOS sense SHV40 」

繊細な表現や微妙な色合いまで忠実に再現できる高精細液晶ディスプレイを搭載し、濡れた手でも快適に操作できる防水機能が付いているスマートフォンが「AQUOS sense SHV40 」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはノーブルレッド、オパールグリーン、シルキーホワイト、ミスティピンク、ベルベットブラックの5色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約148gになっています。
ディスプレイは省エネに優れた約5インチIGZO液晶ディスプレイで、バッテリーは電池切れの心配がない2700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMSM8937オタクプロセッサを搭載し、メモリはRAMが3GBで内蔵ストレージは32GBになっています。
こうしたスマートフォンのカメラは手ぶれ補正がついた約1310万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラが搭載されています。

スマートフォンの「Galaxy Note8」

鮮明でブレないデュアルレンズカメラを搭載し、便利なSペンやエッジからエッジまでフレームをそぎ落とした全画面ディスプレイを搭載しているスマートフォンが「Galaxy Note8」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはミッドナイトブラックとメープルゴールドの2色が用意されており、ボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約190gになっています。
CPUはMSM8998オタクプロセッサを搭載し、メモリはRAM6GBで内蔵ストレージは64GBです。
ディスプレイは約6.3インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは急速充電やワイヤレス充電に対応している3300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンのカメラは光学式手ぶれ補正がついた約1220万画素のメインカメラとF1.7の明るいレンズがついて綺麗なセルフィーが撮れる約800万画素のフロントカメラが搭載されています。ドコモ スマホ

ビットコインなどの暗号通貨を管理するコイン型デバイス「HooFoo」–取引を安全に

ブロックチェーン技術をベースとする暗号通貨の一種であるビットコイン(Bitcoin:BTC)の価格が高騰中で、11月終わりに9000ドル(約101万円)を突破して、1万ドル(約113万円)も大きく超えた状況となりました。現在は投機対象とみられ人気が過熱気味なのですが、新たな決済手段として期待されているのです。ただし、仮想通貨と呼ばれることから分かるように、旧来の通貨と違って紙幣や貨幣は存在せず、データがあるのみです。人によっては、“物”で管理したいかもしれません。そこで、所有している暗号通貨をコイン型デバイスで管理できる「HooFoo」が登場しました。HooFooは、コイン型デバイス「dime」、スマートフォン用アプリ、充電ボックス兼コイン収納ケースを組み合わせ、各種暗号通貨を売買したり保管したりするウォレットシステムです。dimeは硬貨とよく似た形だが、直径38mm、厚さ5mmで本物の10セント硬貨(通称「dime」)より大きいものです。dimeとスマートフォンは暗号化したBluetoothで通信しデータを保護します。

トリニティ、iPhone X&iPhone 8/8 Plus対応アイテム第2弾を発表 応急処置フィルムほか

トリニティは11月末から順次、「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」対応アイテムの第2弾を発売します。Web直販(Trinity Online Store)のほか、全国の家電量販店、一部の雑貨店などで取り扱うということです。割れたガラスによるけがを防ぎつつシリコン層でさらなる画面破損を防ぐ「応急処置フィルム」、高い衝撃吸収性能を備えた「背面保護極薄インナーフィルム」「衝撃吸収 背面クリアシール」「衝撃吸収 背面クリアシール&前面フィルムセット」、本体にマッチするフレームデザインで背面すべてをカバーする保護フィルム「背面フレームフィルム」、硝子社製ソーダライムガラスを使用した高強度の「背面ガラス」、立体成型のPETフレームと強化ガラスで角割れを防ぐ「背面複合フレームガラス」、カメラレンズを守る「レンズ保護フィルム」などをラインアップしています。また、ハードなアルミニウムとソフトなTPUを組み合わせたハイブリッド構造のバンパー「 [Turtle Bumper] アルミニウムバンパー」などもラインアップしています。

Xperiaとセットで持ち歩けるDAC「EHP-AHR192」

最近のXperiaはハイレゾ再生も可能ですが、よりいい音で聴きたいと思ったら、エレコムのDACアンプ「EHP-AHR192」シリーズがオススメです。Xperiaのヘッドホン端子にイヤフォンをつなげば音楽は聴けるものの、いろんなものが詰め込まれたせめぎ合いの中で、よりスリムに軽くというコンセプトでつくられているデバイス。音声を出力するためのアンプにも限界があります。そこで、ポータブルアンプが活躍する場面があるのです。EHP-AHR192は、なんといっても小さいのが特徴。本体サイズは36×45×11.4mmで重量も約40gと非常にコンパクト。ボディはCNC加工で切削されたアルミニウム製で、触ってみるとなかなか高級感があります。本体から約60cmほどの長さでmicroUSB端子が飛び出しています。ちなみにケーブルの着脱はできません。公称値のサンプリングレート(PCM)は最大192kHz、再生周波数帯域は5Hz-96kHzです。3.5mmのステレオミニプラグからの出力は45mW+45mWです。

スマホのメモリー最小化が必要なんです!

スマホのメモリー最小化を知らないような方もいますよね。
スマホの動きが最近に鈍くなってきているなと感じているような方にはおすすめですよ。
スマホも使用を続けている事でデータがたくさんになり、スマホの動きが遅くなるような状態になったりします。
そうなった時には、スマホのメモリー最小化がおすすめなのです。
メモリー最小化は難しいのではと思いがちなのですが、とっても簡単にできたりするのです。
スマホのメモリー最小化は、アプリを使用すると簡単にできたりします。
しかし、アプリを使わなくても簡単にできたりもします。
メモリー最小化は、とりあずはメモリーの容量を増やしたらいいという事なので不要なものは消してしまいましょう。
まずは、キャッシュの削除してみましょう。
キャッシュが溜まってしまえば、それだけスマホの動きが悪くなってしまいます。
なんで、溜まっていないのかを確認してみてください。
そして、使用したままの状態のアプリがあったりするので、それを停止させてみましょう。
設定からバックグラウンドに行けば使用状態のアプリを停止できますから、その設定をしてみてください。
そうすれば改善するかもしれませんよ!

スマホの初期化設定を覚えておく前に!

スマホを初期化設定はやっぱりやらなくてはいけない時というのもあると思います。
しかし、この初期化設定もしっかりとできているのかどうか分からないものですよね。
中には初期化設定をすればそれで大丈夫なんて思っている方もいるでしょう。
しかし、これは大きな間違いで、もしかしたらデータを盗まれる恐れもあったりするのです。
スマホの初期化設定というのは、初期化設定する前に暗号化をしておくといいものだったりします。
暗号化にする事で、スマホのデータを盗まれることを防ぐ事ができます。
最近では、スマホの買取や下取りに出す機会も増えてきたので、きちんと初期化設定は覚えておくといいですよ。
暗号化の仕方も設定に端末の暗号化という所があるので、そこを選択する事で簡単にできます。
ついついそのまま初期化設定をしがちなのですが、暗号化を覚えておくといいかもしれませんね。
そうすれば、きちんとデータを守っていく事ができそうです。
スマホは今では身近なものになりつつあります。
そんなスマホのデータの守り方をしっかりと覚えておくといいかもしれませんね!
データは自分のものや他人のものも入っているためきちんと守ってあげてください。

スマホのメモリー最小化が必要なんです!

スマホのメモリー最小化を知らないような方もいますよね。
スマホの動きが最近に鈍くなってきているなと感じているような方にはおすすめですよ。
スマホも使用を続けている事でデータがたくさんになり、スマホの動きが遅くなるような状態になったりします。
そうなった時には、スマホのメモリー最小化がおすすめなのです。
メモリー最小化は難しいのではと思いがちなのですが、とっても簡単にできたりするのです。
スマホのメモリー最小化は、アプリを使用すると簡単にできたりします。
しかし、アプリを使わなくても簡単にできたりもします。
メモリー最小化は、とりあずはメモリーの容量を増やしたらいいという事なので不要なものは消してしまいましょう。
まずは、キャッシュの削除してみましょう。
キャッシュが溜まってしまえば、それだけスマホの動きが悪くなってしまいます。
なんで、溜まっていないのかを確認してみてください。
そして、使用したままの状態のアプリがあったりするので、それを停止させてみましょう。
設定からバックグラウンドに行けば使用状態のアプリを停止できますから、その設定をしてみてください。
そうすれば改善するかもしれませんよ!

スマホの初期化設定を覚えておく前に!

スマホを初期化設定はやっぱりやらなくてはいけない時というのもあると思います。
しかし、この初期化設定もしっかりとできているのかどうか分からないものですよね。
中には初期化設定をすればそれで大丈夫なんて思っている方もいるでしょう。
しかし、これは大きな間違いで、もしかしたらデータを盗まれる恐れもあったりするのです。
スマホの初期化設定というのは、初期化設定する前に暗号化をしておくといいものだったりします。
暗号化にする事で、スマホのデータを盗まれることを防ぐ事ができます。
最近では、スマホの買取や下取りに出す機会も増えてきたので、きちんと初期化設定は覚えておくといいですよ。
暗号化の仕方も設定に端末の暗号化という所があるので、そこを選択する事で簡単にできます。
ついついそのまま初期化設定をしがちなのですが、暗号化を覚えておくといいかもしれませんね。
そうすれば、きちんとデータを守っていく事ができそうです。
スマホは今では身近なものになりつつあります。
そんなスマホのデータの守り方をしっかりと覚えておくといいかもしれませんね!
データは自分のものや他人のものも入っているためきちんと守ってあげてください。

スマートフォンの一番安全なロック方法は「PINコード」

現在、スマートフォンの持ち主には様々なロック方法があります。 顔認証、指紋認証、PINコード、位置情報などなど。それでは、その中で最もセキュアなのはどれで、私たちはどれを使うべきなのでしょうか。一番良いのは複数のロックを合わせて使うことですが、単一の手段で最も安全(で一番不便)なのはPINコードかパスワードです。利便性とセキュリティを天秤にかけて、どこまでなら納得できるのかは人それぞれです。喫茶店であなたがPINコードを入力するのを盗み見るのは、指紋を複製するよりは簡単でしょう。しかし一方で、指紋、虹彩、声などのバイオメトリクスは全てある程度複製が可能であり、一度複製されたら変えることができません。PINコードを入力するところを見られないようにし、分かりやすい数字を避ければ、コードはあなたの頭にしか存在せず、ハッカーにとってはそれが一番厄介になるのです。世界に一つしかない顔認証や指紋認証さらには虹彩認証のほうが優れているように見えてやはり、自分で考えるPINコードというのが意外性がありますね。