スマートフォンのスペックチェック!簡単な方法は?

“スマートフォンのスペックについて調べると、「〇〇スマホ」、「〇〇タイプ」のように、スペックをわかりやすく表しているものがあります。
ですが、スマートフォンの中にはハイエンドモデル、ミドルレンジモデルも存在し、これからスマートフォンを持ちたいと考えている人の場合、「結局どれを持てば良いのかわからない」となることがあります。こんな時はモデルの特徴を踏まえて、スマートフォンを購入すると良いでしょう。
ハイエンドモデルとは最上位モデルを意味します。例えば、Android端末のハイエンドモデルとある場合、メーカーの中では最上位モデルという意味になるのです。
ハイスペックモデルを求めているのであれば、ハイエンドモデルを選ぶと良いでしょう。ミドルレンジモデルとはコストパフォーマンス重視のスマートフォンのことで、3Dゲームには最適ではありませんが、その代わり動画視聴レベルであれば問題無く対応することができます。”

ファーウェイのフォルダブル「Mate X」を広げて使ってみた

2月に発表されたファーウェイの「Mate X」は、フォルダブルと呼ばれる新たなジャンルに挑戦する意欲的な機種だです。実際に広げる動きと折りたたみを両方試してみると、折りたたみヒンジからは動きにあわせたメカの音が聞こえてきます。慣れないうちは恐る恐る触ってしまいますが、きちんと剛性を保って開閉できることはすぐわかります。大画面にすると、2つのアプリを同時に表示して利用できます。たとえば、左側をメール、右側をマップという形で使うこともできるのです。ちなみに、3つ以上のアプリを同時に表示、利用することはできません。これは2つのアプリの利用が適切というファーウェイ側の判断によるものです。8インチという大画面は、エンターテイメントを楽しむだけではなく、仕事にも適しているとファーウェイは自信を持っているようです。特に5Gへ対応していることは、大容量で高精細・高画質な動画コンテンツも、ほんのわずかな時間にダウンロードできるようになるため、5Gとの相性が良いとアピールしています。

NHK受信料が発生、ガラケー・スマホの「ワンセグ」搭載機種は?

ワンセグ携帯の所有者に、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかを争った裁判。最高裁が3月12日付で原告らの上告を受理しないと決定し、「義務あり」との高裁判決が確定しました。原告の1人である50代の男性は「機種選択の余地がない」と話しています。男性はガラケーユーザー。2016年、NHKの委託を受けた訪問員に「ワンセグでも受信料が必要」と言われ、すぐに機種変更しました。ガラケーは元々の選択肢が少なくなったこともあって、カタログ記載のモデルからワンセグがついていないものにしようとすると、機種が限定されてしまうようです。スマホに目を向けてみると、カタログ記載のサムスンのGalaxy、ソニーのXperiaシリーズにはワンセグないしフルセグがついています。シャープのAQUOSシリーズや京セラの機種は、搭載されているものといないものの両方がありました。また、ファーウェイ(HUAWEI)製品にも搭載されていません。ガラケーと違って、スマホはワンセグ・フルセグがついていない機種も多くあり、選択肢が多くあるようにみえます。

スマートフォンの「g07+」

高品質なアルミ加工が施されているので手触りの良さと美しい質感が実現されており、消費電力が少ない高精細な大型液晶ディスプレイや高性能カメラなどを搭載しているスマートフォンが「g07+」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約75ミリ、高さ約152ミリ、厚さ約7.2ミリ、重さ約150gになっています。
CPUはMTK6750TオタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはHDR機能やオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラとソニー製のイメージセンサーがついた約800万画素のフロントカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンにはよく使う機能を登録できる便利なショートカットキーが付いています。
ドコモ スマホ

スマートフォンの「g07+」

高品質なアルミ加工が施されているので手触りの良さと美しい質感が実現されており、消費電力が少ない高精細な大型液晶ディスプレイや高性能カメラなどを搭載しているスマートフォンが「g07+」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約75ミリ、高さ約152ミリ、厚さ約7.2ミリ、重さ約150gになっています。
CPUはMTK6750TオタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはHDR機能やオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラとソニー製のイメージセンサーがついた約800万画素のフロントカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンにはよく使う機能を登録できる便利なショートカットキーが付いています。
ドコモ スマホ

スマートフォンの「VAIO Phone A」

アルミニウムの削り出しとブラスと加工が施されており、キビキビとした動作を実現させてくれる高性能オタクコアプロセッサを搭載しているスマートフォンが「VAIO Phone A」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはシルバーのみとなっており、ボディサイズは幅約77ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約167gになっています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン617オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは16GBで最大64GBまで増設できます。
ディスプレイは約5.5インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは安心の2800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは約1300万画素のメインカメラと約500万画素のフロントカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには加速度センサーやジャイロセンサーが搭載されていますのでゲームを快適に楽しむことができます。